8/17/2019

クヴァンツのフルート三重奏


クヴァンツのフルート三重奏はHRC でも演奏したことがある。Sonata for 3 Flutes in D major  J.J Quantz  QV3:3.1 
使用した楽器

原曲はニ長調だがリコーダー用に3度上げてへ長調としてアルトリコーダー3本で演奏する。他のグループの演奏も何度か聴いたことがある。ほとんどは第2楽章largoだけで他の楽章はあまり聞いたことがない。
クヴァンツ フルート三重奏 第二楽章

現在私たちのグループは実質3名なので、この曲を取り上げることにした。最初はアルトリコーダー3本で演奏してみたが、原曲のニ長調で演奏してみたくなり、テナーリコーダーに持ち替えてみた。これが思ったより楽しい。アルトリコーダーのようにかん高くなくて少し重心が下がった感じ、本来の音に近いのだろう。ただ問題はトップパートが高音(D)まで登り詰めること。さらに楽器の先端部の穴を塞ぐ(Cis) が2回ほどある。実は(E)も必要になるが、その前後を1オクターブ下げてもそれほど不自然ではないので、下げて演奏する。
アルトリコーダーで先端の穴を塞いで高音を演奏するのは時々見かけるが、テナーリコーダーでそれを行うのは、結構大変でスリルがあり楽しめる。
せっかく原調の演奏なのだからと横笛も一本加えてみたくなり、フルートに持ち替えてみた。高音もシャララン・・・と明るく響くのだけれど、他の演奏者の評判はあまりよくない。見た目も音量も目立ちすぎ。さればポラックのトラベルソでと思ったが、バロックピッチなのだ。

全音のリコーダー 「ブレッサン」 バロックピッチが秋には発売されるらしいが、それまではこのポラックのトラベルソの出番がない。仕方がないのでこの際思い切ってモダンピッチのトラベルソを入手した。アウロスのAF-1 グレンザー    これだと高い音も音域内だから特別なテクニックなど必要ないハズ。ただし音色はともかく細かい動きなどリコーダーのようには行かない。唄口もフルートよりもかなり小さくて丸いので正確に狙うのが難しい。
音色や表情などリコーダーとは異なる魅力を秘めているように思われる。
とりあえず練習するしかないが、簡単ではないことは確かだ。
写真
下から アルト竹山、  テナー メック、 フルート村松、トラベルソAF-1 アウロス, トラベルソ  S.ポラック(バロックピッチ)

8/11/2019

Maker Faire Tokyo




先般 LEDで光るリコーダーなど作成したので、LED と音楽などアイデアを求めて見学してみた。2019/08/3-4  東京ビッグサイト

音楽と同期して発光パーターンが変化するジャグリングボールは興味がある。
紙飛行機の世界チャンピオンが来ていたりして面白かったが、ここでは音楽関連の数点を紹介する。
オルガン

リコーダーを使ったパイプオルガン
パイプオルガンの発音機構はリコーダーに似ているが、これは本物のリコーダーを使ってオルガンとした。ソプラノリコーダー15本、アルトリコーダー7本で22音をカバーする。
リコーダーはあらかじめ運指表に基づき指穴を塞いでおく。これに順次タイミングよく空気を吹き込んで行けば演奏可能な訳だが、さてどのような方法で?
アクリル板で作られた「圧力箱」に全てのリコーダーの吹き口が差し込まれている。箱には電動ファンによって一定の圧力になるよう空気が送り込まれている。圧力で空気がリコーダーの吹き口に流れ込む。このままだと全てのリコーダーが鳴ってしまうので、各リコーダーの吹き口には蓋(ゴム栓?)がありMIDIキーボードを押すとそれに対応するリコーダーのゴム栓が開き、発音することができる。MIDI信号を送り込めば自動演奏も可能。
外見、アイデアは面白いが、音がちょっとショボいのは仕方ないか。
ベルナール

ベルナール
MIDIのキーボードでベルをハンマーで鳴らす。
MIDIインターフェイス利用のキーボードシステムは上記パイプオルガンとほぼ同じ、信号を叩く動作に変換するソレノイド(青色)が各ベルに配置されているのがわかる。

キーボード
自由にプログラムできるキーボードがあった。
テンキーなどの小型のキーボードに ♯(S) ♭(F) / ↓↑ 四分音符 八分音符 ・・・などを割りつければ 楽譜用Finale専用のキーボードができて便利ではないだろうか。 
テルミンの演奏
サンシンの自動演奏
紙ヒコーキチャンピオン ジョン・M・コリンズ

工作人間たちの熱気に圧倒された。色々なアイデアに触発されたが、とても全部は回りきれない。次回は来年10月とのことだ。


7/13/2019

光るリコーダー 2

左 MRA-1T(透明)  右 MRA-1G グレイ


透明リコーダーの入手
昨年末クリスマス演奏会を控え、光るリコーダーを思いついた。音によって反応するLED と透明なリコーダーを組み合わせる。
光る部分はLED、マイクロホン、電池、駆動回路を組み合わせた発光部を知人に依頼した。これは思ったより早く出来上がり手元に届けられた。ところが肝心の透明なリコーダーが入手できなくなっていた。Y社でスケルトンタイプを製造販売していたが、ソプラノ(ドイツ運指)のみに縮小されてしまったようだ。
この辺りの経緯は以前のブログにも書いたように思う。 中古市場も探してみたが、出回っている様子もなくちょっと諦めかけていたのだ。

ところが3月ごろフェイスブックでリコーダー演奏家の秋山滋氏が台湾の楽器店「台湾音楽園」で透明のリコーダーを販売していることを紹介していた。楽器としての品質も良好らしい。Facebookのメッセンジャーで連絡を取ってみると早速連絡してきた。一本あたりの値段、送料、振込先の銀行口座、
通貨は台湾ドルなど、少し高めにつくがこの際仕方がない。 

あとは送金手段だ。
海外送金は郵便局を通して何回かやったことがあるが、申請書類に送金先の住所、銀行口座など詳細に記入し、北朝鮮向けでないことを表明するサインまでして平日営業時間内に郵便局へ持ち込まなければならない。台湾向けだと新たな問題が起こる可能性もあるので、今回は大手銀行の海外送金を使ってみることにした。インターネットで簡単に手続きできそうだ。

しかしそれは大きな間違いだったと思い知らされることになる。
キャッシュカードと4桁のパスワードは日常的に使用していた口座だったが、ホームページからログインしようとすると2つのパスワードを入力する欄があり、そのパスワードの説明もイマイチはっきりしない。キャッシュカードのパスワードとは違うのだろうか?あれこれバタバタ試しているうちに規定回数オーバーとのことで動作しなくなってしまった。やっとの思いで繋がったヘルプ電話ではパスワード変更の申請用紙を郵送するから、それを提出しろとのこと、待つこと数日、届いた書類に即記入してポストへ投函、1週間ほどで銀行から郵便が届く、やれやれと思い開封したら何と!申請書に押した印鑑が届け出印鑑とは違うから正しい印鑑を押して再提出しろとのこと。考えてみれば以前勤めていた会社が給料振込みのため作った口座だ、印鑑も適当な三文判が使われたのだろう。仕方がないそれらしい印鑑を集めて、銀行に出頭、調べてもらうも、届け出印鑑は見つからず、結局印鑑変更届を提出。郵送の受理の連絡を待ち、やっとパスワードの問題が解決、ログインして作業が出来る。ところがワンタイムパスワードの入力がエラーになる。何回やってもダメ、指定回数オーバーになるとまた振り出しに戻るのが怖い。電話してみると、ワンタイムパスワード機器の内部時計がずれているらしい。これは電話で誘導してもらい、何とか解決。やっと海外送金の手続きに入れる。やれやれ。
台湾音楽園 より連絡のあった送金先の口座や銀行名、支店名、 銀行番号などを記入、これで完了と思ったら(銀行の所在地)の項目が残った。ヘルプ電話で銀行に問い合わせるも(銀行の所在地)の記入は必須との一点張り、さらに通貨も台湾ドルは扱えなくて米ドル、香港ドル、あるいは日本円など、私は頭に血が上り ヤメタヤメタ!!  もちろん私自身のミスや手続きの遅れもあると思うが、もう2ヶ月も経過しているのだ。その上高額な手数料。Web上で簡単に手続きできそうなのに何か変更が必要となると郵送で書類提出となるので延々と時間がかかってしまう。もうガックリして楽器の入手を諦めかけた。・・・が

Web で検束してみたら「台湾音楽園」が見つかった。透明なアルトリコーダーの価格、LINEの連絡先やメールアドレス、さらにPayPalの番号まで記載されている。 LINEで簡単につながったので、楽器の価格、送料、PayPal支払いの可否などを問い合わせた。程なく返事があり PayPal支払いもokとのこと。手続きに多少の時間も必要と考え、夜PCに向かって操作を開始したが、相手のPayPal番号を打ち込むだけで送金先が表示され、送金したい台湾ドルを入力するとそれに対応する日本円が表示される。あっという間に送金手続き完了。あまりに簡単なのでキツネにつままれたような気がする。心配なので翌日送金したことをLINEで伝えるとすぐに「確認できた」とのこと、そのあと送り状に記入するため「電話番号を知らせてくれ」「ありがとう今日発送する」とやりとりがあり、3日後にはEMS で楽器が届いたのです。
2ヶ月ほど銀行相手に悪戦苦闘したのが嘘のよう。これで「光るリコーダー」も完成できるでしょう。

しかし日本のことが心配になった。Y社のスケルトンリコーダーは売れないと見てドイツ運指ソプラノのみの限定生産に縮小してしまった。台湾音楽園はメーカーではなく楽器店と聞いているが、そんな店がオリジナル製品としてリコーダーを販売しているのだ。金型代などのリスクも当然あると思うが、台湾国内ではなく、世界市場で売ることを考えているのだろう。
同様に海外送金についても国内大手銀行で手続きを行うのに2ヶ月もかかってしまった。もちろん私の不手際も重なってしまったが、金を貸してくれではなくて自分の口座の送金なのだ。何でそんなに時間がかかるのか、やる気がないと思われても仕方がない。
こんなことをやっていたら確実に「日本沈没」ですね。
(入手できたリコーダー)
ALTO 透明  MRA-1T
ALTO 半透明グレイ  MRA-1G  どちらも1400台湾ドル(現在は1200台湾ドル)

LED 発光部

テープ状のLED発光部、マイクロホン、リチュウムイオン電池、駆動回路・・などで構成されている。写真右はポリカボのパイプに入れてある。左はLED側 音に反応して2個だけ発光している


早速透明リコーダーにLEDの発光部を取り付けてみた。注目度バツグン。もう少しマイク感度を下げた方が良いかもしれない。発色が白くなっている箇所があるが、露出オーバーのため画面が白くなってしまった。
リコーダーの師匠に見せたところ、非常に興味を持っていただきFBの動画はかなり広範囲に広がった。 欲しいという書き込みもあり「光るリコーダー」は、かなりの需要があるかもしれない。



3/04/2019

リコーダー頭部管の交換1


本体は竹山アルト、頭部管はブレッサンG-1A

平尾リコーダークラブを立ち上げて間もなくのことだが、もう15年以上昔のことになる。新品のリコーダーを割ってしまった。
リコーダーの「慣らし」が終わるまでは長時間吹いてはいけないといわれていたが、練習に持ち込んだらそんなことは言っていられない。
ローズウッドのアルトだったがその日割り当てられたパートがたまたまアルトパートだったので懸命に吹いた。よく鳴る楽器だった。心の中では吹きすぎではないかと心配だったが、やめるわけにもいかない、練習が終わり仔細に観察すると吹き口の少し下、ブロックを囲ってある部分の裏側に縦に黒い線が認められた。木目のようでもあり、そのように思いたかった。
しかしその夜心配になりそっとケースを開けてみた。なんと割れていたのだ。黒い線があった位置に割れ目が走り、奥にはブロックが見えた。ガーン!! 修理してもらうしかない、可能だろうか? ガックリして楽器店に持ち込むと・・なんと新品と交換してくれたのだ! 天にも昇る心地とはまさにこの事。以来その楽器は私の最も愛用する楽器として現在に至っている。

練習所として地元の公民館の視聴覚室を借りているが、先日は一人で使うことになった。4時間以上ある。コレッリのソナタを練習することにしたが、そうなるとアルトだけをを酷使することになってしまう。危険を分散するため415Hzの楽器や全音ブレッサンG-1Aも持ち込んだ。
取っ替え引っ替え吹くつもりだったが、右手の押さえ具合がそれぞれ少し異なる。ふと思いついて、竹山のアルトモダンピッチの本体部分に全音ブレッサンの頭部管をはめ込んでみた。驚いたことにほぼピタリと合う。わずかにガタがあったが、小さな紙片を挟むことで問題なし。

逆も試してみた、全音ブレッサンの本体に竹山の頭部管は僅かな差ではめ込めなかった。
しかし両者はほぼ同寸法で設計されて結果の違いは誤差範囲ではないかと思った。
両社の嵌合部の写真を示す。ほぼ同じ設計であることが見て取れる。

全音ABS製の頭部管と竹山ローズウッドの本体の組み合わせは、チューナーでチェックしてみたが問題なし。木製頭部管の長時間使用はビビる部分があるのだが、ABS製では心配することなしにいくらでも使える。 ありがたい。これは大発見だ!

3/02/2019

失われた手稿譜



失われた手稿譜
ヴィヴァルディをめぐる物語
フェデリーコ・マリア・サルデッリ
関口英子・栗原俊秀 訳  東京創元社

ヴェネツィアを離れウイーンで不遇の最期を遂げたヴィヴァルディ、
当時は著作権など確立してなかったので、楽譜は作曲者の元にしっかり保管されていたのだ。ヴィヴァルディ自身は忘れ去られてしまったが、
残された膨大な手稿譜は数奇な運命を辿り、愛書家の貴族やイエズス会士の司祭などを転々として1920年代に発見されるまでの物語。

作者のフェデリーコ・マリア・サルデッリは多方面に活躍する才人で、文学だけで無く、風刺画家としても音楽学者としても評価が高いらしい。バロック音楽のオーケストラ、モード・アンティクオを立ち上げ指揮者を務める。

ヴィヴァルディ研究家としても定評のある人物で、作者自身の「出典に関する注記」によれば、書かれている事象は、ほとんど史実に基づくそうで手稿譜の運命に関しては一部不明の部分があるも大部分は研究者たちの地道な調査によって明らかにされた史料に基づいている。
かなりの部分は司法関係の書類らしいが、それをそのまま使用するわけではなく、実際に目の前で起こっているように物語化されている。
年代順に記述されるのではなく、時代を行きつ戻りつしながら興味深い史実を交えて進行する。   食事の描写や料理のレシピ、イタリア車などにも作者のこだわりがある。具体的な内容を書くことはルール違反になると思うが、1つだけ書きたいことがある。この部分は史実ではなく作者の創作とのことだ。
愛書家の貴族マルチェッロの館へ無政府主義者が追われて逃げ込んでくる。マルチェッロは偶然の成り行きで彼を「かくまう」ことになってしまう。翌日、男がマルチェッロの為、図書室で楽譜を開き口笛で旋律を奏でる、ヴィヴァルディのリコーダーコンチェルトだ。明るく爽やかな曲だった・・・訳者あとがきによればサルデッリ自身もリコーダーを演奏するらしい。

手稿譜は
長い旅路の末に音楽学者により発見されトリノの図書館に収まり、一件落着と思いきや、今度はムッソリーニ率いるファシズムに翻弄されるのだ。



Apple Music 
月額980円で登録してある曲が聴き放題とのこと。ポピュラー系の音楽ならともかく
クラッシックそれもバロック系中心ではメリットはほとんど無いと思っていた。
Vivaldiの曲は
日本でCD中心に聴いても「調和の霊感」」「四季」などが中心でそれほど種類も多くないが、
Apple Musicで”Vivaldi” を検索してみると続々ヒットする。リコーダー、ファゴット、チェロ、オーボエなど多彩な楽器がめじろ押し、サルデッリが指揮する曲も聴ける。これらは再発見された楽譜がかなりな部分を占めるのではないだろうか。「プレイリスト」と称して、良いとこどりで寄せ集めた様な聴き方もできる、気合の入った演奏、多彩な音色で楽しめる。見事なリコーダー、ファゴットの咆哮、暴れまくるチェロ・・・これは多分ヴィヴァルディの曲には観客を喜ばせる要素が込められていて現代の演奏家たちがそれを引き出しているのだろう。

アーノンクールの言葉も引用してみる
「ヴィヴァルディの作品は時にすべての楽器のソロ奏者に至難な要求をしているが、そうした箇所からは、これらの作品が最高の腕をもつ娘たちのために書かれたことがうかがえる。この楽団のレパートリーであった作品が印刷される場合、たいていヴィヴァルディは徹底的にこれを書き直した。手稿譜と印刷譜を比較してみると、たぶん男性向きにするためだろうが、印刷版の方では大幅に技術的な簡略化が行われていることが多いのがわかる。」(古楽とは何か)音楽の友社



第15回フレンドシップコンサート





フレンドシップコンサートも15回目となりました。
私たちHRCは都合により演奏に参加できませんが、次回はぜひ演奏でも参加したいと思います。

今回は、11グループが参加し、途中、会場全体合奏あり、ゲスト演奏ありと、一日、リコーダーの音色をお楽しみ頂けます。
是非、お好きなリコーダーをご持参の上、お気軽に足をお運び下さい。楽譜は当日受付で配られます。

第15回フレンドシップコンサート
演奏団体名 (演奏開始時間)

1.ねころびと--------12:30
2.チエルアルコ------12:50
3.フェリーチェ------13:10
4.ウインドベル------13:30
  休息(15分)
5.厚木リコーダーオーケストラ--14:05
6.TRET--------------14:25
7.Gクレフ-----------14:45
8.Ricco Suono------15.05
9.全体合奏-----------15:25
  休息(15分)
10.アンサンブル奏---16:00
11.リコーダーアンサンブルぴぽ--16:20
12.ジャスミー-------16:40
13.ゲスト演奏-------17:00
辺保陽一、細岡ゆき

 2019年3月16日(土)
会場:稲城中央文化センターホール
    稲城市東長沼2111番地 Tel. 042-377-2121
開場:12:00
開演:12:30
入場無料
最寄駅:京王相模原線稲城駅下車、徒歩10分

(リコーダーの広場、Facebookにも、ほぼ同じ内容で載せてあります。) 




12/21/2018

光るリコーダー



クリスマスの演奏でリコーダーを光らせて見ようと考えた。当然LEDを使用するが、ただ光ったり点滅するだけでは面白くない、演奏に合わせて変化することが必要だ。
1.音の高さを検出して青とか赤に発光する。
2.音量の変化に応じて明るさや点灯数が変化する
私自身で作るのは手に余るので、知人に制作をお願いした。
リコーダーは当然透明な楽器が良いわけで、ヤマハのアルトとソプラノがスケルトンタイプとして売り出された時ピンクのソプラノ バロック運指を一本購入したのだ。通常は木製の楽器を使用するが、曲の内容によってはピンクのスケルトンも効果的で時々使用して来た。今回アルトリコーダーが欲しかったので、楽器屋に寄ってみたらアルトが無いのだ。それにソプラノも色は3色ほどあるが、ドイツ運指のみでバロック運指は無いとのこと。
最初にスケルトンタイプが売り出されたのはもう10年以上前になるかもしれない。その時はソプラノ/アルト、運指もバロック/ドイツ、色も3色ほどあった。時代は変わりモデルチェンジしてソプラノのドイツ運指のみに縮小されてしまったのだろう。
慌ててあちこち探してみたが、痕跡も見つからず、中古市場もスケルトンタイプ自体が出てこない。とりあえずピンクのソプラノ1本でやってみるしかない。

先日電気回路部分のテストを行なったので簡単に紹介します。
シリコンマイクにより音声を感知し、周波数によりLEDが青、緑、黄、橙、赤に発光する。LEDはテープ状のフルカラーだ。
また音量の変化に応じて光量や点灯数が変化する。
電源は小さなリチュウムイオン電池を内蔵している。
最初の設定では、低音から高音になるにしたがって赤→青であったが、感覚的には高音が赤だと思うので、低音→高音 青→赤に変更してもらった。
私の世代の感覚からすると回路や乗数の変更など必要と思うが、パソコンによるプログラム変更だけで出来てしまう。またリコーダーの音域に合わて上手く色配置にしないと発光しない色ができてしまう。
動画ではLED光を直接撮影すると光が強すぎて露出オーバーになり色再現が難しいので紙に反射させて撮影している。
とりあえず再調整して23日のクリスマス演奏会で使ってみるつもりです。


12/17/2018

近江楽堂で演奏した



フラウト・カンタービレ・プレゼンツ
〜細岡ゆき門下生リコーダー発表会〜
2018/12/08(土)  近江楽堂  

近江楽堂でプロ奏者の通奏低音で演奏した。
チェンバロは矢野薫さん、ヴィオラ・ダ・ガンバ は なかやまはるみさん
今回はYさんと二重奏をやりたいと思い何曲か物色してコレッリの二重奏を選んだ。楽譜はRJPでチェンバロ伴奏付きの楽譜を利用させてもらった。
低価格で楽譜や伴奏音源など簡単にダウンロードできるので選曲するのも簡単。 曲は ソナタ Op.1-3 
原曲はヴァイオリンの二重奏だけれどもリコーダー用としてイ長調からハ長調に移調してある。当初は単純に通奏低音付きの二重奏ソナタと考えていたが、原曲をCDなどで聴いてみるとバロックチェロ?も十分に自己主張しているので、トリオソナタと考えてよいと思われる。

トリオソナタ3番 Op.1-3   A.コレッリ
1.Grave   2.Allegro   3.Adagio  4.Allegro 

ペトルッチ楽譜ライブラリーで調べてみると、2台のヴァイオリンとチェロそしてオルガンが指定されているようだ。チェロのパートを通奏低音とは別立てとして(かなりの部分は共通しているが)ヴィオラ・ダ・ガンバにお願いし、チェンバロにもビシビシ決めてもらうことにした。
楽譜はfinale Print Musicを使用して作り直した。チェンバロはレアリゼーションなし、ガンバも別立てのパート譜が必要となる。リコーダーもブレス位置や音符の大きさなど修正した。全曲入力するのは手間もかかったが、一度入力してしまえばスコアもパート譜も自在だし一段に収める小節数も調節できるので、曲の流れに合わせた楽譜がプリントできるのだ。

肝心のYさんとの練習は互いの日程が合わなくて2回しか出来なかった。

本番一週間ほど前の伴奏合わせでは、リコーダーの2人は緊張しているのか少しぎこちない部分もあるが、ガンバとチェンバロがビシリと寄り添ってくれるので、すごく気持ち良い。 Allegro の早い楽章に不安をもっていたが、細岡師匠に指摘されたのはむしろGrave Adagioなどのゆっくりした楽章での息のテンポが速すぎる、「会場の空気をしっかり鳴らしてください」とのこと。

当日のプログラムは私たちが1番目なのでコケるわけにはいかないのだ。
朝から狭い控え室にひしめき、超過密のリハーサル、あっという間の本番、残響が豊富でかつ柔らかいのは、全て曲面壁からの反射だからだろう。しかし冷静に全曲演奏できたわけではない、音をミスすれば「シマッタ」難しい箇所が近づくと「ヤバイ」などの思いが頭に走る。それを打ち消しつつ、流れる音楽に集中する。Yさんのリコーダーの音が聞こえる、ガンバが迫力でグオーと押し、チェンバロがザザーンと決めてくる。・・この流れに乗っかれば良いのだが腰砕けになってしまいそう。今までの練習の貯金がものを言う筈なのだが、貯金の額が不足気味、でも何とか終わりまで漕ぎつけた。

自分の演奏が終われば一気に解放されて、後続のプログラムを楽しむことが出来た。
かなり緊張された演奏者もいたけれど、それぞれ自分の壁を乗り越えているのだ。演奏終わった直後のホッとした表情がいいですね。ガッツポーズの方もいて思わず大拍手した。こちらまで嬉しくなってしまう。

私達の演奏は「思っていたより良かった」との感想をいただいたが、録音(ちょっと失敗)を聴いてみてもとりあえず最後まで繋がったけれど、あまり冴えない感じ。
しかしコレッリの古い楽譜を自分で調べたり、優秀な相棒が手伝ってくれたり、プロのチェンバロとガンバがしっかり支えてくれ、その上 近江楽堂、観客あり・・「贅沢の極み」なのだ。
コレッリはリコーダー奏者にとって宝の山かもしれない。まだしばらくお付き合いさせてもらいます。